損をしない為にも家賃相場は事前に複数の情報源で下調べ

アパートやマンションなどの賃貸住宅では、敷金や礼金などの初期費用の他に家賃や管理費など月々又は一定期間に支払う費用がありますが、殊に家賃に関しては、物件自体の条件をはじめ地下相場など不動産市場や世情などにより変動します。その為、これから賃貸住宅を新たに借りる場合には、事前に希望するエリアの家賃相場を把握することが大切です。そして、家賃は賃貸借契約に於いて大家さん等貸主と交渉することができますので、希望するエリアで気に入った物件を見付けた際に、提示される賃料が高いからと云って諦めることなく、事前に相場を抑えることで自分が支払える金額にまでの交渉材料にすることができますので是非調べてみて下さい。 そこで、家賃相場の調べ方については、複数の情報源を利用してより正確な相場を把握することがポイントになり、その方法には主に3つを挙げられます。まず1つ目にはネット上の賃貸住宅情報サイトや不動産情報サイトなど専門サイトで調べるという方法があります。次に2つ目には、賃貸情報誌やフリーペーパーなどの紙面があり、また3つ目としては、自分でそのエリアの不動産会社を回って情報を集める方法があります。

  

家賃相場の具体的な捉え方

一般的に家賃は、エリアの地価の他に専有面積や間取り、築年数また駅までのアクセスの良さなどによって賃料が定められており、具体的にその相場を把握するにはエリア内の同じコンディションの物件を比較することがポイントです。その上で、気に入った物件を見付けた際にはその相場から高いか安い或いは相当なのかを判断することになりますが、但しここで注意することが3つあります。 まず1つには、家賃は相場よりも安く設定されていても管理費が高く設定されていることがあり、月々実際に支払う金額にすると相場よりも高くなるというケースがあります。 そして2つには、初期費用について、敷金は退去時に原状回復費用が差し引かれて返還されますが、礼金は一回払いで返還が予定されているものではなく、また関西の保証金・敷引き制度では原状回復の必要如何を問わず一定額が差し引かれますので、契約期間中の全体的な費用から月々の家賃を把握することが大切です。 また3つには、長く住むことを考えて更新料や手数料また火災保険なども併せて調べて置くとより正確な相場の把握に役立ちます。